修復歴のある車を高く売るには一括車査定サイトを使用するべき

修復歴がついてしまった車は一括査定に

 

車というのは事故を起こしてしまうと、完全に直すことが難しいこともあります。
見た目はしっかり直ったように見えても、事故前から比べるとダメージが残ってしまいます。

 

ダメージが残ってしまった車というのは、自動車査定において修復歴がありの車となり査定額では減額となります。

 


修復歴がある車は減額を避けることはできませんが、出来るかぎり減額を抑えることは可能なので売却を検討している場合には正しい知識を身に着けておきましょう

 

減額は避けられないと言っても、相手の言うがままに安値で売ってしまう必要はないのです。

 

●修理をしたからなんでも修復歴になるわけではない

車の知識がない一般人にありがちな勘違いが、一度でも修理をしたことがあれば修復歴になってしまうと思っていることです。
例えば車庫から車を出し入れする時に、ぶつけたりこすってしまって板金塗装をしたといったものですが、軽くぶつけたりこすってしまったものを鈑金塗装したぐらいでは修復歴にはなりません。

 

もちろん、鈑金塗装の仕上がりによって査定額は変わることはありますが、これだけでは修復歴がついて価値が大幅にダウンしてしまうということはないのです。

 

それでは一体どのような修理だと修復歴がつくのかといえば、車の骨格となる部分が損傷をしてしまいその部分を修理した車が修復歴がつくものとなっています。
逆に言えば骨格部分に損傷がなければ、かなり大掛かりな修理をしたとしても修復歴はつきません。

 


修復歴について正しい知識を持っておかないと、修復歴でもなんでもない修理を修復歴だと思い込んでしまって車を安く売ってしまうこともあれば、逆に修復歴がある車をないものだと思って売りに出す時に修復歴のことを指摘されて話がこじれてしまうということがありますから、修復歴というのは何によって決まるのかということはしっかりと理解しておくようにしましょう。

 

●修復歴といっても程度がある

修復歴というのは骨格部分に手を加えていればついてしまうものですが、当然その度合は変わってきます。

 

本当に軽い事故だったにも関わらず、骨格部分に少し損傷が発生してしまいそれを修復したものが修復歴にもなれば、フロント部分が完全に潰れてしまったようなものを直したものも同じ修復歴となります。

 

この場合、どちらもしっかり直されている仮定した場合信頼できるのはどちらの車かというと、やはり軽度な事故で軽度な損傷で済んだ車となります。

 

大きな事故を起こしてしまった車というのは、どれだけ見た目が綺麗に直っているように見えても車全体にダメージがあり、将来的に問題が発生する可能性が高くなってしまいます。

 


つまり、修復歴と一言で言っても程度があるわけですから軽度なものであれば車の価値として見た時に減額がそれほど大きくなるわけではなく、逆に廃車に近い事故を起こした車であれば査定における修復歴の影響は大きなものとなります。

 

●修復歴があると車査定では大きく不利になってしまう

 

修復歴にも程度があるので、車の状態としてみれば軽微なものからかなり重症なものまであるので一言で問題がある、ないといい切れるものではありません。
はっきりといえることは修復歴が有りになってしまうと、査定面ではかなり不利になってしまうということです。

 

車のことをよく理解している人であれば、修復歴の度合いというのを判断することができます。
しかし、最終的に買取業者が販売をする相手というのはごく普通の一般人ですから、一般人の中で修復歴の程度を判断するというのは難しいものです。

 


どれだけ、状態面で問題がないと言われてもよくわからないものは普通敬遠することになりますから、修復歴がある車を売ろうとすると安く売らなければなりません。
安く売るためには買取をする時点で安くしなければなりませんから、査定額も安くなってしまいます。

 

最終消費者が修復歴が有りというだけで敬遠をするようでは、どうしても査定額は低めになってしまうのです。
もうひとつ不利になってしまう理由として、査定士が過剰に修復歴がある車は嫌われるとアピールをして安く買取をしようというパターンもあります。

 

売り手側からしても修復歴があると高値で売れないという意識がある中、修復歴がある大幅に価値が下がってしまうと査定士から言われてしまえば納得してしまいがちです。

それが本来、修復歴有の車の相場よりも低い査定額であっても疑問に思わずに、相手の言うがままに安く売ってしまうということもあります。
このように修復歴があると単純な査定面でも不利になってしまいますし、交渉においても修復歴のことをついてこられてしまうと、一般人は反論しづらく高額査定を望みにくくなってしまいます。

 

 

●修復歴がある車は一括査定で査定に出してみるのが吉

修復歴がある車というのはどうしても査定に不利になってしまいますが、それでも高く売ることが絶対に無理というわけではありません
修復歴がある車を少しでも高く売りたいのであれば、一括査定を利用して複数の買取業者から査定をしてもらうと良いでしょう。

 

ひとつの業者に見てもらった場合、修復歴があるからということで足元を見てくる可能性もありますし、店の客層によっては修復歴があると売れにくくなってしまうので店の方針として状態問わずに修復歴のある車は高く評価しないということもあります。

 


しかし、色々な業者に話を聞いてみれば修復歴があってもしっかりと直されているのであれば、その部分を評価してくれて少ない減額で買取をしてくれることも考えられます。

 

人気車種であれば、軽度の修復歴ぐらいであれば大きなマイナスにならないということで高値をつけてくれる業者もいますから、一括査定を利用して複数の買取業者から話を聞いてみるのは非常に意味のあることになります。

 

修復歴は車の査定の中でも大きなマイナスポイントになってしまいがちな部分ですが、それだからこそ極力マイナスを小さくするために、一括査定を受けるのは効果的な方法です。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ